小雨の降りしきる中傘をさして先生がユンボで私のアパートを壊していくのを見つめていたい

ジョン・チョーに愛されすぎて殺されそうになっていますので気をつけてください

6/3

 昨夜のことだけど、私はよくセクハラされることもあってタクシーは大嫌いだし、歩くことはだいすきだ。だから遊び終わったあとにホテルまでひとりでのんびり歩いて帰るのを楽しみにしていたら有無を言わさずタクシーに乗らされてしまってすごくすごくショックだった。
 タクシーに乗せる、と最初から決めていたのだという。

 なぜ、決めたのだろう。
 わからない。まったく。わたしは、頼んでいない。
 自分がひとの願望をかなえる人形にされた気持ちだった。

 ストレスの余り胃がギュギューーーーーッとけいれんして、ホテルに入ってから痛くて痛くて悶絶した。眠剤飲んだから、吐きたいと思っても吐いてはいけない。本当につらかった。いまからでもホテルのまわりをぶらぶら歩こうとしても痛くて動けない。まるまる二日間も知らない人とゼロ距離でピッチリ密着されていたから疲れていて、ひとりで歩くのが楽しみで、それをつぶされて本当にくるしかった。
 23時ごろ戻ってきて2時くらいまでひたすら痛くて痛くてゴロゴロもんどりうっていた。腸もおかしくなって何も出ないのに下痢のようになった。

 ただただ知らない土地にいって知らない人に奉仕して帰ってきたけど、旅費は払うから沖縄来てと言われて、それを辞退してたらあとあと後悔してたんだろうし、もう、そう申し出られた時点で、進むも戻るも結局どちらも苦しいものになっていたのだろう。私は他人に対して壁を作ってると言われることがあるけど、何だかんだで甘いからすぐ、我の強い人にはコントロールされてしまうのだろう

 もうしばらく誰にも会いたくないと思うけど、明日木こり君のお姉さんにあうよ……
 

広告を非表示にする