小雨の降りしきるなか傘をさして先生がユンボで私のアパートを壊していくのを見つめていたい

ジョン・チョーに愛されすぎて殺されそうになっていますので気をつけてください

2/14(木)

 f:id:surumegatame:20190214200022j:plain
 先生が、帰宅するなり私の寝室の窓辺に、この、バレンタインギフトによくあるテディベアをちょこんっと座らせた。
「これから毎年、バレンタインのたびに一匹ずつ増やしていくんだ。ずらっと並んだら壮観だろう」と先生はニマニマしている。
「笑 別れても増え続けてたら怖いですね」
「本当だ、そりゃ不気味だね!それが嫌なら君は僕と駄目にならないよう努力しなきゃね」
 えっ?何かが違う…(・_・)

 

2/9(土)

 先生が友達と電話してて「○○日?僕は大丈夫だけど奥さんの予定次第かな?確認して連絡するね」などとしゃべっていて、わたしはついに奥さんになりました。

 そのあとのいちゃいちゃタイムで「肛門とアナル、どっちに突っ込んでほしい?」と聞かれました。

2/7(木)

 出張中の先生がビデオチャットをかけてきて、ちょっと話したあと、「じゃ、お尻見せて」と言ってきて、仕方ないからカメラに向かって四つん這いになると、先生はちょっとだけ股間をさわってから、「やっぱり帰るまでとっとくね、おやすみ」と通話を切った。
 帰ってきたら、ねてる私のフトンの足のほうから頭を入れてきて、お尻に頬擦りしてきて、「しばらく見ないうちにちょっと大きくなった?僕のために育ててくれたの?」そんなレベルの尻好きの先生ですが、エッチッチが終わったあととかに、私の陰毛を指先でなでなでしながらイチャイチャするのも好きで、「この感触がいいんだよ~」と言ってる。
 なでなでしてるうちに船をこぎだして、フガッとイビキを一瞬かいて、「ごめん寝ちゃった、じゃあまた明日」と私にキスして、自分の寝室に帰る。

2/4(月)

 こんにちは。ドヤに住んでます。
 月が変わって生活保護費が入ったので、月貸しをしてくれるところにひと月ぶんの家賃(57000円、管理費光熱費等諸々こみこみ)を払って住みはじめました。やっと宿が定まってひと安心です。今月中に札幌市の生活保護は辞退できる見通しなので、3月に入ったらどこかの区の生活保護を申請しに行きます。予定よりだいぶホームレス暮らしが延びてしまいましたが、今のところ楽しんでいます。このあいだも書きましたが何があっても札幌にいるよりマシなんで…。
 いまいるドヤは若い人とか、女性もいて広いシェアハウスとか寮っぽいです。キッチンも広いので炊飯器を借りてごはんを炊いたりみそしるを作ったりしてます。これが出来るのは本当にありがたい。自分のキッチンじゃないから使いづらいけど…。いまのところ住民にも可愛がってもらっている雰囲気もあります。
 あっ、6000円事件ってのがあって、前のドヤからホステルにうつろうとしたら、3泊ぶんの宿代としてとっといた6000円が財布から消えていて、近くに住んでいるロペスさんを急遽呼んでお金を借りてことなきを得ました。あの6000円はどこに行ったんだろう?ロペスさんありがとう!!年金出たら返します!!
 本当に毎日とても楽しく忙しく過ごしています。毎日のコーデのセルフポートレートを撮りためているので、30日くらいたまったらzineにして売りたい。最近、また本を作りたくなっています。

1/29(火)

 お久しぶりです。しり
f:id:surumegatame:20190129125741j:plain

 いま、ドヤ街にいます!
 東京に来てから、あちこちで遊びつつ友人宅を転々と泊まり歩いていました。そのなかでやっとここで落ち着けそうだなという家もあったのですが、家主のアルコール依存症により絡まれたり迫られてたりが苦痛で脱出。私は今までの人生で一生分男の世話を焼いたのでもう二度と男の世話を焼きません!女や自分の世話なら焼きます。
 その後はやはりあちこちの外国人向けホステルを転々。北区王子の王子ミュージックハウスはとてもいい所だったけど二段ベッドが手作りっぽくて寝返りを打つと地震みたいに揺れる。吾妻橋の浅草スマイルゲストハウスは古い、汚いというのは私は全然いいんですが、外と同じくらいめちゃくちゃ寒かった。エアコンも汚くて全然あたたかくなってこないし死ぬかと思った。東京って部屋のなか寒いですよね。あとここは、ガランとひと気がないのとか、カーテンレールの上にさらにレールつけてるのとか、カーテンがよく見たら上下逆なのとかが怖かった。特に最後のは最高に怖かった。

f:id:surumegatame:20190129113431j:plain
 ↑カーテンレールの上にカーテンレール(突貫工事っぽい付け方)
f:id:surumegatame:20190129113504j:plain
 ↑カーテンの上下が逆

 それから場所をちょっとうつして南千住のドヤ街のニュー紅陽というドヤに。ロペスさんに奢ってもらったのですが1泊2900円の高級ドヤでした。客は中国人男性がほとんどかな。今夜からはそこの近くのホステルに場所をうつします。
 ホームレス生活でつらいことはそんなに無く、いろんな人に助けてもらってることもあってかなり楽しんでいます。一番つらかったのはまだ札幌にいる時に私を徹底的にすごく避けてた男が、私がこちらに到着したとたん「お元気で」って連絡してきて、私が遠くに行ったことの安心感がその文章からあまりににじみ出ていたことかな…。そこまで嫌わなくてもいいじゃないかという感じで…。私ともう会うことがなくなって、自分が安全圏に入って、本当に心底ホッとしてうれしいんだろうなと思った。
 こういうような、「豊川さん、札幌から出てってくれてありがとう」的な言動をするやつ必ず出てくるだろう、絶対いるわと思って、それで、東京に行くことはアート界隈(くさって腐臭がやばい)からハブられた時点で決めてたけど直前までなるべく札幌の人に話さないようにしてたんですが、詰めが甘かったです。
 その男の画像が目に入ってくると、こんなに優しい目をした人があんなに冷酷になれるんだと悲しくなる。
 最後まで札幌とは水が合わなかったなと思った。
 宿が寒くて寝れないとかままならないことはいろいろあるけど、とにかく札幌にいるよりは10000倍マシなので、こちらに来て本当に良かったです。とんでもないレベルで必要に迫られてしぶしぶという以外は、出来ることなら二度と札幌に戻りたくない。

 来月もホームレスやるっぽいんで、なるべく障害者無料の美術館とか行って時間をつぶそうかなと思ってます。飯田橋印刷博物館の世界のブックデザイン展はとても良かったよ。
 
f:id:surumegatame:20190129125938j:plain